不確定なベクトル量

Never put off till tomorrow what you can do today.

このブログはmaterial1220の2ndブログです。
今回も前回と同じ「不確定なベクトル量」というブログタイトルにしました。
いいタイトルが思い浮かばなかったので、変更しないことにしました。
しかし、サブタイトルは「Never put off till tomorrow what you can do today.」へと変更しています。
高専時代が「次のステージへの一歩」なら、大学時代は「今まで培ってきたものを土台とし、自己の世界観を作り上げる期間」かなと思いました。
毎日を大事にし、先延ばしにしない学生生活を送りたいと思います。

リンク
不確定なベクトル量 Where there is a will , there is a way.(前回のブログ)
編入関係の情報はこちらです。私の高専時代での思考が垣間見えます。

書評ブログ(仮)
オススメの本を紹介します。

メモ

最近、毎週何かしらの発表をやってる気がする。
そのおかげで発表資料を作るのにかかる時間が日に日に短縮されているとは思うから、まあ良しとしよう。

昨年度と自主ゼミといい、論文紹介といい、自分は何かを読み込んでそれを自分のものにして発表するのが苦手みたい。
このスキルは絶対に必要なものだから、
練習を重ねて身につけたい。
具体的には発表資料を作った後に発表練習をするとかかな。
6月には輪講で発表するし、その時には絶対に失敗したくない。

5月中に終わらせること
マクマリー再読終了
高分子の教科書を読了
分子シミュレーションの勉強
リートベルト解析の勉強を終わらせる